新潟土産おすすめは長岡銘菓元祖浪花屋の柿の種

新潟土産おすすめは長岡銘菓元祖浪花屋の柿の種

 新潟土産おすすめは、長岡銘菓元祖浪花屋の柿の種ですね。

 

新潟を代表する銘菓の一つが「柿の種」ではないでしょうか。
新潟のお土産といえば、「柿の種」を思い浮かべる人も少なくありません。

 

浪花屋の柿の種

ちょっぴり辛くておいしい、食べ始めるととまらない不思議な魅力があります。
ビールのおつまみには最高!
ユニークな形と、あと引く味の柿の種ですが、最初に製造したのは、新潟県長岡市の「浪花屋製菓」です。

 

柿の種の歴史は古く、大正14(1925)年に発売されました。
柿の種は偶然に誕生したもので、あられの製造工程で使う小判型の金型をうっかり踏みつけ、
ゆがんだまま抜いたのが始まりでした。
焼きあがった米菓が柿の種の形に似ている、と評判になり人気を集めたのが、「元祖浪花屋の柿の種」です。

 

柿の種には、ピーナッツが混じっているものが一般的によく知られていますが、
実はピーナッツ入り柿の種が初めて発売されたのは、昭和41(1966)年のことです。

 

浪花屋の柿の種には、ピーナッツは入っていません。
ピーナッツ入りの柿の種は、新潟市の亀田製菓が最初に製造販売を手がけました。
ちなみにピーナツと柿の種の比率は6対4です。

 

柿の種には、味のバリエーションが多く出ています。
浪花屋製菓では、チョコレートをコーティングした柿の種が10月から3月までの期間限定で製造しており、人気商品となっています。

 

他にも浪花屋では「大辛口柿の種」が、辛いもの好きのマニアの間でコアな人気を誇っています。
ぜひ、柿の種の味をダイレクトに味わってみましょう。

 

元祖浪花屋の柿の種缶入り (36gx10袋入り)

浪花屋柿の種 4袋入り缶 1ケース(8缶入り)

浪花屋の柿の種
小袋10個入りです。自宅用におすすめ。
詳細はこちら

浪花屋の柿の種


浪花屋の柿の種をまとめ買いするならこれ!送料税込でオトクです。
詳細はこちら