極早生枝豆弥彦むすめは新潟特産枝豆

極早生枝豆弥彦むすめは新潟特産枝豆

 新潟は枝豆の有名な産地でもあります。
枝豆といえば、お隣の山形県のだだちゃ豆がよく知られていますが、
極早生枝豆弥彦むすめは新潟特産枝豆で、
新潟だって枝豆では負けてはいません!

 

新潟の枝豆と言えば、新潟市西区黒鳥地区の「黒鳥茶豆」、
名前・味とともに、すでに全国区となっています。

 

新潟の特産枝豆 弥彦むすめ

そしてもう一つ、新潟の特産枝豆としてご紹介したいのが、
新潟県弥彦村の「弥彦むすめ」です。

 

弥彦村といえば、霊験あらたかな弥彦神社のあるところです。
その弥彦神社と並んで(?)ひそかに人気なのが、弥彦むすめです。

 

弥彦むすめは極早生(ごくわせ)品種と言って、通常の枝豆の収穫時期よりかなり早く採れる品種です。
普通は6月下旬ころから枝豆の収穫が本格的に始まりますが、
弥彦むすめは5月下旬からスタートします。

 

枝豆は咬んだ時、口に広がる独特の甘みが魅力の一つですが、
弥彦むすめはさらに普通の枝豆よりも甘いんです。
滋味豊かな甘さ、というのでしょうか、
枝豆が持つ本来の甘みが、特に強いのが特長です。

 

枝豆は日が高くなり、気温が上がってくると、品質が急激に低下します。
そのため弥彦むすめは、まだ日が昇らないうちから収穫をします。
そして低温で丁寧に管理し、鮮度と甘さをキープしながら市場に出回ります。

 

枝豆は鮮度の落ちやすい野菜なので、枝から外したらその日のうちにすぐゆでるのがおすすめです。
ただし、弥彦むすめはその点ちょっと変わっていて、枝から外した豆を一晩冷蔵庫で低温保存すると、
翌日はさらに甘みが増すというのです。

 

今年一番、初物の枝豆を食べるなら「弥彦むすめ」がおすすめです。
5月下旬から順次発送が始まります。
農作物のため、お届け日時指定は不可ですが、あま〜くておいしい〜枝豆が届きますよ〜〜

 

詳細・購入はこちら⇒新潟県産 枝付きえだまめ 弥彦むすめ 2束(枝豆)